So-net無料ブログ作成
検索選択

屋内!野焼き [陶芸]

野焼きなのに屋内!
西岡からさらに山奥へ、南区滝野にある青少年山の家で
北海道教育陶芸研究会主催の野焼きに参加してきました。
山の家ってどんなところ?とドキドキしていましたが、
山奥に登場したのはなんと立派な施設。
ここのホールを使って野焼きを行います。
野焼き.jpg

今日の参加者は30名。各々作品を炉に並べていきます。
野焼き薪.jpg

大きな縄文風の器
条mん.jpg

不思議なお面、個性豊かな作品が並びます。
PB251360.jpg
作品を並べたら、炭を置いていきます。
野焼き炭をおく.jpg

静かに薪を入れていきます。
薪をつむ.jpg

夜7時過ぎ、いよいよ着火。火を眺めながら静かな時間が過ぎます。
火をつける.jpg

このまま夜9時頃まで薪を足して燃やし、翌朝には作品が出来上がりです。
焼き上がりを見たい・・・。
日帰り組は後ろ髪ひかれつつ会場を後にしました。
外はマイナス.jpg

山はだいぶ冷え込んできました。
本日の作品は12月16日(金)〜18日(日)第34回 子どもと父母と先生の作陶展
で(札幌市民ギャラリー)展示されます。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

リムーだより

しおりんさん、
祝ブログ開設!
野焼きって、ふたも何も無しで、本当にそのまま焼くんだね。割れたりしない?
焼きあがりは赤っぽくなるのでしょうか?
出来上がった作品もぜひ紹介してね。
by リムーだより (2011-11-27 02:49) 

しおりん

コメントありがとう。
野焼きってダイナミックだよね〜。
今回は屋内なので、それでも結構お上品な感じがしました。
割れてしまう事もあるし、
焼き上がってみないとどんな色になるか解りません。
それもまた野焼きの面白さのようです。
出来上がりをまたUPしますね〜。
by しおりん (2011-11-27 17:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。